面接で「最後に何か質問はありますか?」と聞かれたときにおすすめしたい最高の質問1つ

 

お疲れさまです。
榎木日菜です🙂

 

面接の最後に
「何か質問はありますか?」
と聞かれることは多いと思います💡

 

面接中に気になったことなど
聞きたいことがあればいいのですが、
パッと出てこないことってありませんか?

 

私は聞きたいと思っていたことを
緊張で忘れてしまうことが
よくありました💦

 

かといって
「特にありません」
で終わらせてしまうと
素っ気ない気がするし・・・。

 

これは私が転職活動中
地味に悩んでいたことの
一つです😓

 

そこで今回は、
「何か質問はありますか?」
と面接で聞かれて困ったときに
役立つ質問を1つ!紹介します✨

 

これは私が人事のときに質問されて、
いちばん印象に残っている質問です。

 

全職種共通!
前準備なし!
企業の本音丸わかり!
という超・便利な質問です👌

 

それではどうぞ💓

 

面接で逆質問するなら

人事のとき面接は1ヵ月に50人くらい、
新卒の説明会を含めれば毎月
100~200人くらいの候補者に
会っていました。

 

その中でいちばん印象に
残っているのがこの質問。

 

面接官の本音

「御社で働くことのデメリットを
思いつく限り教えてください」

 

・・・働くことのデメリット?!

 

初めて聞かれた質問に
ふいを突かれつつ、
「これはウマいな」
と思いました。

 

なぜなら、私は
会社の弱点や課題を面接で
話すことを避けていたからです。

 

質問されれば正直に答えますが、
あえてこちらから今抱えている
問題を話すことはありませんでした。

 

たとえば
「有給が取りにくいって
不満の声が出ているんです」
とか、

 

「風通しがいい社風を
アピールしてるけど、
実は社員同士の交流って
あんまりないんです」
とか。

 

そんなこと言ったら
候補者の方の志望度を下げて
しまう気がしました。

 

面接では会社が候補者の方を
見極めているのと同じように、
候補者の方も会社を見極めています。

 

そのため私は会社が抱えている
問題をそっと隠していました。

 

面接でいい印象を持ってもらいたいのは、
候補者だけでなく企業も一緒なんです。

 

だからこそこの質問は、
会社が言いにくいことを引き出す
上手な質問だと思いました。

 

質問は遠慮しないでOK

どの会社でも
弱点や悪いところはありますが、
そのネガティブポイントを面接で
打ち明ける会社は少ないはずです。

 

でもそのネガテイブポイントこそ、
転職先を決める上で一番知りたい情報
だと思うのです。

 

ネガテイブポイントを事前に
知っておけば、入社してからの
ギャップも少ないはずです。

 

私はこの質問をされたとき
失礼だとは感じませんでしたし、
むしろ正直に会社のことを話せるので
「聞いてくれてありがとう!」
とさえ思いました😌

 

面接が終わったあとは
今までにないくらいスッキリして、
「会社のことをちゃんと伝えられた」
と自信を持てました。

 

「御社で働くことのデメリットを
思いつく限り教えてください」
という質問は本当におすすめです💕

 

求人には載っていないことや、
イメージとは違うような新しい
情報をゲットできるかもしれません

 

面接で何を聞こうか迷ったときは
ぜひ使ってみてくださいね😊

 

お世話になった転職エージェント☆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA